FANDOM


バトルクリーク・ブロー
The Big Brawl
殺手壕
監督 ロバート・クローズ
脚本 ロバート・クローズ
製作 フレッド・ワイントロープ
テリー・モースJr.
製作総指揮 レイモンド・チョウ
出演者 ジャッキー・チェン
ホセ・フェラー
クリスチーネ・ド・ベルー
マコ
音楽 ラロ・シフリン
主題歌 TRAINING MONTAGE
配給 香港の旗ゴールデン・ハーベスト
日本の旗東宝東和
公開 香港の旗1980年10月
日本の旗1980年9月6日
アメリカ合衆国の旗1980年8月29日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
香港の旗 香港
言語 英語
興行収入 $8,527,743アメリカ合衆国の旗
allcinema
キネマ旬報
IMDb
  

バトルクリーク・ブロー(原題:The Big Brawl、香港公開題:殺手壕)は、1980年製作の香港アメリカ合作映画。監督はロバート・クローズ、主演はジャッキー・チェン。全米週末興行収入成績第1位(1980年8月29日付)。[1] 日本語字幕は岡枝慎二。

概要編集

ジャッキー・チェンがゴールデン・ハーベスト社移籍直後にアメリカへ初進出した作品。ブルース・リーのアメリカ映画初出演作『燃えよドラゴン』のスタッフが集められて製作された。

ストーリー編集

1930年代のシカゴ。地元マフィアのボス、ドミニチは、対立するマフィアのボス、モーガンと、それぞれファイターを出場させて高額の賭博格闘試合を行い、モーガン自慢の強者キッスに煮え湯を飲まされ続けていた。

チャイナタウンで小さな中華料理店を営む父と優秀な医者の兄を持つジェリーは、伯父のハーバートからクンフーを習いながら恋人ナンシーと毎日を過ごしていた。ある日、父の店を荒らしていたドミニチの手下達をジェリーが叩きのめし、ドミニチの目に留まる。

テキサス州の街、バトルクリークで開催される格闘大会にキッスが出場することを知ったドミニチは、ジェリーの腕を買い、組織の配下として出場させるため、人質にとった兄の許嫁を無事に帰すことと引き換えに、ジェリーへ格闘大会の出場を迫った。

キャスト編集

備考編集

主役のジャッキー・チェンは当時、監督の方針とソリが合わず自分らしさが出せなかったこと、アメリカのテレビ番組出演の際に「ブルース・リーの後継者なのか」「瓦を何枚割れるのか」等の的外れな質問にあったこと等のエピソードがある。[2]

脚注・参考文献編集

  • 「バトルクリーク・ブロー」パンフレット
  1. [1]Box Office Mojo データベース 全米週末興行収入成績(1980年8月29日付)
  2. 「I AM JACKIE CHAN―僕はジャッキー・チェン 初めて語られる香港帝王の素顔」 近代映画社
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はバトルクリーク・ブローにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki