FANDOM


ベスト・キッド
The Karate Kid
監督 ハラルド・ズワルト
脚本 クリストファー・マーフィー
製作 ジェリー・ワイントローブ
ウィル・スミス
ジェイダ・ピンケット=スミス
ジェームズ・ラシター
ケン・ストヴィッツ
製作総指揮 ダニー・ウルフ
スーザン・イーキンス
ハン・サンピン
音楽 ジェームズ・ホーナー
撮影 ロジャー・プラット
編集 ジョエル・ネグロン
製作会社 Overbrook Entertainment
JW Productions
中国电影集团公司
配給 アメリカ合衆国の旗[[image:テンプレート:Country flag alias CAN|border|25x20px|テンプレート:Country alias CANの旗]] コロンビア映画
日本の旗 S.P.E.
公開 アメリカ合衆国の旗[[image:テンプレート:Country flag alias CAN|border|25x20px|テンプレート:Country alias CANの旗]] 2010年6月11日
日本の旗 2010年8月14日
上映時間 139分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テンプレート:CHN
言語 英語
製作費 $40,000,000[1]
興行収入 $350,408,446[1][[image:テンプレート:Country flag alias World|border|25x20px|テンプレート:Country alias Worldの旗]]
$176,591,618アメリカ合衆国の旗[[image:テンプレート:Country flag alias CAN|border|25x20px|テンプレート:Country alias CANの旗]]
$ 16,495,335(15.2億円)[2]日本の旗
allcinema
キネマ旬報
AllRovi
IMDb
  

ベスト・キッド』(テンプレート:En)は、2010年のアメリカ映画。1984年の映画『ベスト・キッド』のリメイクである。

製作はウィル・スミスで、主演はその息子のジェイデン・スミスが務め、オリジナル版の「いじめられっ子が風変わりな師匠から武術を教わる」という部分は踏襲されている[3]

製作 編集

2008年11月10日、バラエティ誌によって『ベスト・キッド』のリメイクが始まったことが報じられ[4][5]、2009年6月22日、ジャッキー・チェンは撮影のために北京へ発つと述べた[5]

『The Karate Kid』というオリジナル版と同じタイトルにもかかわらず、主人公が師から教わる武術が空手からカンフーに変更されている。ジャッキーによると、スタッフのあいだでは本作は『The Kung Fu Kid』と呼ばれていたという[6]

ブルーレイにのみ特典映像として収録されているが、「もう1つのエンディング」として、ラストにジャッキーと敵の道場師範との対決シーンがある。

主題歌はジャスティン・ビーバーとジェイデン・スミスが歌う「Never Say Never」で、ミュージックビデオは2010年5月31日に公開された[7]。この他、Rain (ピ)による歌「Hip Song」がアジア向けのプロモーションや予告編で使われており、こちらのミュージックビデオは2010年5月22日に公開されている[8]

ストーリー 編集

テンプレート:ネタバレ

幼い頃に父を亡くし、母の転勤でデトロイトから北京へと移り住んだアフリカ系アメリカ人の少年ドレは12歳。北京に着いたその日、バイオリンを練習する中国人の少女メイと出会い、それが同じ年頃の少年たちの反感を買ってしまい、カンフーで痛めつけられる。その日から、ドレの苦難が始まる。少年たちのリンチを受けるドレ。そこに助けに入ってくれた引っ越し先のアパートの管理人ハンは、カンフーで少年たちを追い払う。炎を用いる中国の古い治療法で怪我を介抱してくれるハンに、ドレはカンフーの教えを乞う。ハンは渋るが、少年たちの通う道場の師範に話をすることには同意する。だが、その道場師範から勝負を迫られ、ハンは武術大会で一対一の勝負を付けることを提案し、大会までの私闘の禁止を求める。

こうしてドレのカンフー指南を引き受けたハンだが、カンフーの教えの代わりにドレにさせることといえば、上着をハンガーに掛け、取り、着て、脱ぎ、落とし、拾い、そしてまた掛ける、という動作を繰り返させることばかり。うんざりしてついに抗議するドレに、ハンはその動作がカンフーの技に直結することを理解させる。やがてドレはハンに連れられてカンフーの聖地に赴き、その水を飲めば負けることがなくなるという龍の泉の水を飲ませてもらう。互いに好意を抱きあい、一方はバイオリン、他方はカンフーの練習に明け暮れるメイとドレは、中国ではバレンタインデーに当たる七夕の祭りの日に、影絵小屋で待ち合わせ、互いにバイオリンのオーディションと武術大会に応援に行くことを約束する。

バイオリンのオーディションの日、応援に行ったドレに、メイは両親からの言いつけで友達をやめると告げる。失意のドレがハンの家に向かうと、毎日修理していた自動車を自ら破壊しているハンがそこにいた。ハンの妻と10歳だった息子は、ハンの運転のミスから事故死してしまったため、ハンはその過去を悔やみ、毎年自動車を修理しては事故の記念日に修理した自動車を破壊するという行為を続けていたのだった。嘆くハンに、ドレは黙ってカンフー修行の指導を促す。吹っ切れたハンはドレに感謝し、真っ白なカンフー着をドレにプレゼントする。ドレはハンに頼んで書かせてもらった中国語の手紙を、メイとその父親の前で読み上げ、再び友達になることを許してもらう。

ハンの指導のもと、数々のカンフーの研鑽を積んだドレは武術大会に臨む。ドレの母親とメイも応援席にいる。ドレは勝ち進む。ドレをいじめていた少年チョンも順調に勝ち進み、決勝でのドレとの勝負が実現しそうな勢いとなる。準決勝でドレと対戦するのはチョンと同じ道場の少年だったが、ドレに怪我をさせよという道場師範からの指示で反則負けとなる。その際の怪我でドレは足を痛め、決勝出場の断念を医師から勧められる。しかしドレはハンに懇願し、足の痛みを炎の治療法でハンに消してもらい、決勝に出場する。チョンとの接戦の末、ドレは優勝する。チョンと他の少年たちは、ドレの勝利を讃え、ハンにカンフー式の礼を捧げる。

キャスト 編集

役名 俳優 日本語吹き替え
ドレ・パーカー ジェイデン・スミス 矢島晶子
ハン ジャッキー・チェン 石丸博也
シェリー・パーカー タラジ・P・ヘンソン 斉藤貴美子
ハリー ルーク・カーベリー 高山みなみ
メイ・イン ウェンウェン・ハン うえだ星子
チョン チェンウェイ・ワン 川島悠美
リー ユー・ロングァン

公開と反応 編集

Rotten Tomatoesでは174のレビュー中、67%からの支持率を得た[9]。映画評論家のロジャー・エバートは本作を肯定的に評価し、4つ星満点で3つ星半を与えた[10]。一方で、オリジナル版よりも登場人物が若くなっている点などに不満を漏らす評論家もいた[11]

北米公開週末3日間で約5600万ドルを稼ぎ、『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』を破って初登場1位となった[12]

脚注 編集

外部リンク 編集


No image.png この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください。画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はベスト・キッド (2010年の映画)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki