FANDOM


ラッシュアワー2
RUSH HOUR 2
監督 ブレット・ラトナー
脚本 ジェフ・ネイサンソン
製作 ロジャー・バーンバウム
アーサー・サルシキアン
ジョナサン・グリックマン
ジェイ・スターン
製作総指揮 アンドリュー・Z・デイビス
出演者 ジャッキー・チェン
クリス・タッカー
チャン・ツィイー
ジョン・ローン
音楽 ラロ・シフリン
編集 マーク・ヘルフリッチ
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 ギャガ・コミュニケーションズ
公開 2001年8月3日 アメリカ合衆国の旗
2001年9月15日 日本の旗
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $90,000,000[1]
興行収入 $226,164,286[1] アメリカ合衆国の旗
¥1,700,000,000[2] 日本の旗
$347,325,802[1] [[image:テンプレート:Country flag alias World|border|25x20px|テンプレート:Country alias Worldの旗]]
前作 ラッシュアワー
次作 ラッシュアワー3
allcinema
キネマ旬報
AllRovi
IMDb
  

ラッシュアワー2』(テンプレート:En)は2001年に公開されたアメリカ映画1998年の『ラッシュアワー』の続編である。

ストーリー 編集

休暇中のカーターはリーの地元香港を満喫。しかし、在香港アメリカ領事館で爆破事件が起こり、ふたりが事件を追うことになってしまう。

背後に絡んでいるのではと睨んでいた香港マフィアのドン、リッキー・タンも部下の裏切りにあい殺されてしまう。タンを泳がせておいて背後関係を捜査していたアメリカ当局は二人を叱責し捜査から外される羽目に。

そこで、わずかな手掛かりを元にふたりはアメリカ・ロサンゼルスへと飛ぶのだが…。

キャスト 編集

スタッフ 編集

備考 編集

  • チャン・ツィイーが演じた役名フー・リ(Hu Li)は中国語で「キツネ」を意味する。
  • チャン・ツィイーは撮影時英語が話せず(英語のセリフは"Some apple?"と"Out!"のみ)、ジャッキー・チェン等に通訳してもらいつつ撮影に臨んだ。また、共演者だったロセリン・サンチェス(プエルトリコ出身)から英語を習おうとしたが、ロセリンから「私の英語は訛りがあるから、真似するとハリウッドで仕事がなくなる」と言われ、断念したこともある。その後英語の必要性を痛感し、後に勉強を始めて約2年間で習得した。
  • クリス・タッカーは香港での撮影中、よくNBAのコービー・ブライアントに間違えられたという。映画でもクリス・タッカーが階段を昇るシーンで"Move out of the way, Kobe"と言われるシーンがある。
  • 映画『ゴジラ』に言及するシーンで、クリス・タッカーは「早く! 早く!」という日本語のセリフをしゃべっている。
  • クリス・タッカーは機内食のシーンで"gefilte fish"というセリフがうまく言えず何度もNGを出した。エンディングのNGシーン集で使われている。

脚注 編集

テンプレート:ブレット・ラトナーca:Rush Hour 2 da:Rush Hour 2es:Rush Hour 2 fi:Rush Hour 2 fr:Rush Hour 2 is:Rush Hour 2 it:Colpo grosso al drago rosso - Rush Hour 2 ms:Rush Hour 2 nl:Rush Hour 2 pl:Godziny szczytu 2 pt:Rush Hour 2 ru:Час пик 2 sv:Rush Hour 2 tr:Bitirim İkili 2 uk:Година пік 2 zh:火拼時速2

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki