FANDOM


龍拳
龍拳
Dragon Fist
監督 ロー・ウェイ
脚本 王中平
製作 ロー・ウェイ
製作総指揮 許華麗
出演者 ジャッキー・チェン
ノラ・ミャオ
配給 東映
公開 1979年4月21日 香港の旗
1982年2月20日 日本の旗
上映時間 90分
製作国 香港
言語 広東語
allcinema
キネマ旬報
IMDb
  

龍拳(原題:龍拳、英語題:Dragon Fist)は、1979年に公開された、ジャッキー・チェン主演のカンフー映画。日本公開は1982年

概要編集

ジャッキー・チェンがロー・ウェイの個人プロダクション時代に製作した作品の1本で、同プロ時代後期の作品。

だが、この作品とその前に撮られた『拳精』は、香港で配給してくれる会社が見つからずお蔵入りとなった。その後、ジャッキーが『スネーキーモンキー 蛇拳』で成功した後になってからようやく公開された。

ジャッキー映画の定番である修行シーンは全くなく、行き成り舞台は3年後にとび、何時の間にか「龍拳」を習得してる事になっている。その為、「龍拳」自体の重要性は薄く、主人公は「ただの拳法の達人」にぐらいにしか視えない。「蛇拳」の様な個性もなく判り難い拳法であるので、更に「龍拳」の影は薄かった。後は特筆出来る事はヒロインが2人(味方側と敵側の娘)だと言うぐらいだが、このシュチュエーションは『蛇鶴八拳』などでも使われているので新鮮というわけでもない。

75分版と90分版が存在し、日本で公開されたものは90分版である。

ストーリー編集

中国武術会の名誉である“武林至尊”を会得した師匠サンタイは祝賀会を催す。だがサンタイの旧知チュンは逆恨みし、祝賀会に乗り込みサンタイを殺してしまう。

弟子のタンは復讐のため龍拳をマスターし、サンタイの未亡人、娘のムーランと共にチュンへ乗り込む。やがてようやく探し出したチュンだったが、実はサンタイを襲ったことを知ったチュンの妻が、夫の破廉恥を恥じて自殺したことをきっかけに、自らの行為を恥じて禊ぎに自らの片足を切り落とし、善人となっていた。チュンの心情を察した未亡人はチュンを許す。

だが悪名高い土地のボス、ウェイはタンの腕を見込んで彼を騙し悪事を働かせる。やがてウェイはチュンの道場乗っ取りを企み、心中ではまだチュンを許し切れていないタンを巧みに甘言で操り、乗っ取りの片棒を担がせようとした。

やがて卑劣な罠に気付いたタンはチュン側に戻るが、ウェイは未亡人とムーランを人質に取り、タンにチュンを倒すように強要する・・

登場人物・・・・キャスト編集

師であり養父であるサンタイをチュンに殺され復讐に燃える若者。3年後「龍拳」を習得し、チュンの居る百忍道場に出向く。非常に純朴で善良な人物ゆえに彼の精神の葛藤が、この物語のテーマである。
サンタイの娘でホーエンとは兄妹同然に育った。武術の心得はない。仇打ちに同行しチュンの元に遣って来たが母(サンタイ未亡人)が病魔に侵されてしまう。
チュンの門下で高弟子。サンタイ殺害にも立ち会っていた。長年、チュンに忠義を尽くしていたが・・・。
  • チュンの娘・・・・林銀珠
昔の父を知らずに育った、善良な人物。自らも武道の心得がある。ホーエン達の復讐を甘んじて受けようとする父に苦悩する。幼い弟のスイージを殺したのがホーエンだと聞き憎しみを懐く。
  • チュン・・・・任世官
かつては傍若無人の猛威を奮った拳法家であったが、サンタイを手にかけたことにより妻は自殺(妻は昔、サンタイと恋仲であった)。その直後に懺悔の為に自ら片足を断ち、拳法家としての道を捨てた。現在は師範として門下生を善の道へと導いていたが・・・。
  • ウェイ・・・・高強
2人の弟と手下と共に悪事を働く。殺し、強盗なんでもやる最悪の人物。チェン率いる百忍道場が邪魔でホーエンを利用してぶつけようとする。

日本公開版編集

オリジナルのオープニングは、タンの師匠サンタイが武芸大会で優勝するまでの試合をバックにタイトルが表示されるものだったが、日本公開に際してはオープニングがクライマックスの格闘戦をバックにした仕様のものが使われた。

さらに配給元の東映が、日本オリジナルの主題歌「Dragon Fist」(作曲:林哲司)をオープニングテーマやクライマックスの戦いのBGMに使用した。そのためオリジナル版よりも高揚感が高いのが特徴。テレビ初放映(フジテレビゴールデン洋画劇場」)の際にもこのバージョンで放送されている。

しかし東映の権利が終了した後は東映が手を加えたバージョンは公開されることはなくなり、現在入手可能なソフトは全てオリジナル版を元にしている。


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は龍拳にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki